話題

期間限定!TARO’s SQUARE(タローズスクエア)で桃太郎と岡本太郎の二人の太郎がコラボ【岡山市北区駅元町】


JR岡山駅の1FにTARO’s SQUARE(タローズスクエア)という新たな観光スポットが期間限定ででき、また「太郎」にまつわるオリジナルメニューが販売されるということでオープン日である2017年7月15日の初日に足を運んでみました。

この記事では岡山駅に期間限定でオープンしたTARO’s SQUARE(タローズスクエア)の情報をお知らせします。

TARO’s SQUARE(タローズスクエア)

TARO’s SQUARE(タローズスクエア)はJR岡山駅1Fのつどいの広場に展示されていた岡本太郎さんの作品「躍進」に加えて、岡山駅東口(後楽園口)にある桃太郎像と同一のものが新たに展示されることになった。

岡本太郎さんの太郎、と桃太郎の太郎、この二人の太郎(TARO)にかけて「TARO’s SQUARE(タローズスクエア)」という名前になっている。

「TARO’s SQUARE」は、岡本太郎氏作の陶板レリーフ「躍進」と「桃太郎像」を同時に鑑賞できる新たな観光スポットです。「TARO’s SQUARE」では、県内外・海外のお客様に岡山のいいものを情報発信し、エリアの魅力をアピールする起点としていきます。(JR西日本)

「TARO’s SQUARE」のコンセプトは上記のものであると発表していますから、現在オープンカフェなっているものが、別のものに変わっていくのかもしれない。

オープンカフェとしての「TARO’s SQUARE(タローズスクエア)

この二人の太郎が展示されているTARO’s SQUARE(タローズスクエア)では、オープンカフェとして、隣接するカフェ・エスタシオンから、岡山限定のオリジナルメニューを注文することができる。
このオープンカフェは朝11時から17時までの営業時間となっている。

オリジナルメニュー(PDF)

実際にTARO’s SQUARE(タローズスクエア)に入ってみた

TARO’s SQUARE(タローズスクエア)のオープンカフェは、カフェ・エスタシオンの店内から通じている。そのため、店の入口でスタッフに声をかけて、カフェ・エスタシオンの店内を通ってTARO’s SQUARE(タローズスクエア)に案内してもらうことになった。

ちなみに、作品の鑑賞を希望であれば、オープンカフェの営業時間中に店舗スタッフに声をかければ鑑賞できるようになっている。


まず水が運ばれたのだが、コースターは桃太郎ジーンズのロゴの入ったものが使われていた。


さて、席に案内されて、注文しようと思ったのは、やはり「鬼ヶ島 du Chocolat(ドゥ・ショコラ)」

鬼が島をイメージしたという外観には目を惹かるため、こちらを注文しようと思ったのだが、手間がかかり1日数食分しか用意できないため、私が訪れた時間帯にはすでに完売していた。

がっくりときたので、気を取り直してお店の方に他のメニューを尋ねてみた。


このひとつわたしにくださいなプレートは、2、3人前の量だとのこと。お昼を既にとっていたので、さすがに食べれそうもない。

フルーツポンチの「Don-Burako」は、まだ販売が開始されていないため残念ながら、注文ができない。

そのため、桃太郎の登場キャラクターをイメージした「TARO’sラテ」を注文。

注文してからは、しばらく待ってからテーブルに運ばれてきた。

慣れている作成者ならラテアートはすぐに作れるらしいだが、今回はまだ新人さんがしたとのことで、多少時間がかかったようだ。

TARO’sラテ


メニューのイメージ写真とは少々違うような気がするが、桃太郎らしき顔、そして桃太郎という文字のラテアート。

この「TARO’sラテ」はココアか、抹茶かを選ぶことができ、そしてラテアートのデザインは桃太郎、犬、猿、雉、鬼、鬼ヶ島の6種類から選ぶことができる。

サイドメニュー


発表されたメニュー以外にサイドメニューというものがあった。

    TARO De かき氷
    ICE BREWED COFFEE
    ピーチワインフロート
    カクテルクリームソーダ
    ポルス・カシス・フィズ

カクテルもあるので、夕方に来るのもいいかもしれない。

営業時間中であっても、希望すれば岡本太郎の作品と桃太郎像をカフェの利用なしに鑑賞できるということだが、実際に店舗スタッフに声をかけて鑑賞するというのは、気軽にできることではない。
せっかくなら、もう少し鑑賞者に配慮があっても良いのではないかと感じだ。
これからしばらくの間、TARO’s SQUARE(タローズスクエア)がオープンしていくとのことなので、様子を見守っていきたい。

基本情報

TARO’s SQUARE(タローズスクエア)
■利用時間
7:00~21:00
■定休日
なし
■住所
岡山市北区駅元町1-1 岡山駅1階サンフェスタ岡山内(エスタシオン岡山隣)

■問合せ先
株式会社ジェイアールサービスネット岡山

編集M

投稿者の記事一覧

Webを利用した岡山市のローカル情報発信メディアを作りたいと岡山じゃーなる!を立ち上げた人。会社に普通に勤務しているので取材に出る頻度は少ない。「枚方つーしん(ひらつー)」様から始まる「つーしん」系メディアの存在を知った後、ふくやまつーしん」様「井笠つーしん」様の存在に刺激を受ける。岡山市だけでなく倉敷市もカバーしたい。

関連記事

  1. 火曜サプライズで広瀬すずさん達が座った席で牛すじカレーを食べる!…
  2. 吉備津神社に紫陽花を見に行こう!そろそろ見頃?【岡山市北区吉備津…
  3. 岡山市内でも大人気!街角でよく見かけるけど熱中し過ぎに注意!【ポ…
  4. 2016年春の幻想庭園の後楽園おもてなしカフェに行ってきた【岡山…
  5. 新しい岡山駅に慣れるまで混乱しそう【岡山市北区岡山駅】
  6. 吉備津彦神社【岡山市北区一宮】巫女さん募集
  7. 岡山ロッツにサラダ専門店AZABU SALAD( アザブサラダ)…
  8. 喫茶東京の跡地に焼肉屋ができるみたい【岡山市北区田町】

スポンサーリンク

おすすめ記事

2017年のクリスマスが近づいてきた!岡山市内のイルミネーションをチェック!点灯式はどう?

この記事では、2017年の秋冬における岡山のイルミネーションスポットや点灯式の情報をお知らせします。

2017年11月に岡山市で開催予定のイベント情報まとめました

2017年11月に岡山市内で開催予定のイベント情報などを紹介しています。秋の幻想庭園、秋の烏城桃源郷、おかやまマラソンなど楽しいお出かけ情報が盛りだくさんです。

岡山歴史のまちしるべ「吉行淳之介」【岡山市北区平和町】

岡山歴史のまちしるべ「吉行淳之介」です。岡山市の旧桶屋町に生まれました。吉行淳之介さんは戦後を代表する作家の一人で、芥川賞を受賞しています。

スポンサーリンク

運営者情報

ojmomotaro おかやまじゃーなる!は枚方ツーしん様から始まる「つーしん」系メディアを目指しています。岡山市の地元情報を配信してきます。 ⇒詳しいプロフィールこちら
PAGE TOP