岡山の歴史

昔の人は結構大胆!お地蔵さんを川に投げ込んで願いごとをしていた!【岡山市中区門田屋敷】

(写真:門田屋敷にて)

岡山市中区門田屋敷の東山電停近くにひっそりと鎮座しているお地蔵さんは、あるエピソードで有名なお地蔵さんです。

この記事では、地蔵川の名前の由来となった岡山市中区門田屋敷にある「川はまり地蔵(川ながれ地蔵)」についての情報をお知らせします。

こんなところにお地蔵さん!

県道28号線を通って岡山電気軌道の東山電停に進んでいると、その手前に門田横断歩道橋があります。

この門田横断歩道橋に隠れてしまっていますが、実はこの歩道橋の陰に流れている川があります

祇園用水(ぎおんようすい)または地蔵川(じぞうがわ)といって、旭川から分岐した川の一つです。

そして、その歩道橋に隠れる形になっている祇園用水にかかる橋のたもとに、お地蔵さんがひっそりと鎮座しています。

犬養
あっ!こんなところにお地蔵様があったんだ!気づかなかったよ
桃田
実はこのお地蔵さん、あることで有名なんだよ

このお地蔵さん、「川はまり地蔵」「川ながれ地蔵」という名前で呼ばれていました。

川はまり地蔵って?

桃田
昔は、川の川のなかへお地蔵さんがよく投げ入れられてたんだって!
犬養
わぁ!昔の人も大胆!お地蔵さんを川に投げ入れるなんて!
桃田
川にお地蔵さんを投げ入れるのには実は理由があったんだ。このお地蔵さんを川に投げ込んで「早くあがりたければ、早くおかげ(神仏の加護のこと)をつかわせろ」ってお願いしてたんだ
猿渡
たまったものじゃないな。よく見ると、このお地蔵さん割れてるような跡があるし

戦後になってからでも、ときどきお地蔵さんが行方不明になることがあり、川のなかをのぞいて見ると、やはり、川の底に沈んでいたそうです。

桃田
昔は風邪や扁桃腺によく聞くということだったんだけど、時代にあわせて、受験や就職のお願いのために、川のなかに投げ込まれるようになったらしいよ

こうやって願いことをかえるとされるお地蔵さんは、三勲小学校や、その間にもあったので、祇園用水は地蔵川と言われるようになったとか

川はまり地蔵の現在

川はまり地蔵や川流れ地蔵という名前で呼ばれるようになっていたお地蔵さん。こうやって川のなかによく投げ入れられていることに心を痛めたある方が「これ以上お地蔵様が川に投げ込まれないように」とコンクリートで固めて、この場所から動かないようにしたそうです。

現在ではお地蔵さんを川に投げ入れることはできませんが、今でもこの川はまり地蔵のことを調べに来る人がいるとか。

雉間
…少し残念

参考資料

桃田

今回の参考資料はこちらです

・岡長平「ぼっけい横町」
・ワクワクおかやま探検隊報告書「私の見つけた宝物 地域資源カード集」岡山市 平成6年

編集M

投稿者の記事一覧

Webを利用した岡山市のローカル情報発信メディアを作りたいと岡山じゃーなる!を立ち上げた人。会社に普通に勤務しているので取材に出る頻度は少ない。「枚方つーしん(ひらつー)」様から始まる「つーしん」系メディアの存在を知った後、ふくやまつーしん」様「井笠つーしん」様の存在に刺激を受ける。岡山市だけでなく倉敷市もカバーしたい。

関連記事

  1. 岡山城西丸西手櫓に案内板が設置されてる【岡山市北区丸の内】場所は…
  2. 岡山歴史のまちしるべ「横綱常ノ花」【岡山市北区中山下】
  3. 岡山歴史のまちしるべ「旧岡山県立図書館跡」【岡山市北区蕃山町】
  4. 岡山歴史のまちしるべ「吉行淳之介」【岡山市北区平和町】
  5. こんなところに!岡山初の映画館の世界館は野田屋町にあった!【岡山…
  6. 城下町(二の丸界隈)を歩いてみた!大手門から本丸への正規ルート【…
  7. 岡山城近くにある太閤豊臣秀吉の腰掛石は、宇喜多秀家の命を救った名…
  8. 岡山城西丸西手櫓の裏側が見える!【岡山市北区丸の内】

スポンサーリンク

おすすめ記事

2017年のクリスマスが近づいてきた!岡山市内のイルミネーションをチェック!点灯式はどう?

この記事では、2017年の秋冬における岡山のイルミネーションスポットや点灯式の情報をお知らせします。

2017年11月に岡山市で開催予定のイベント情報まとめました

2017年11月に岡山市内で開催予定のイベント情報などを紹介しています。秋の幻想庭園、秋の烏城桃源郷、おかやまマラソンなど楽しいお出かけ情報が盛りだくさんです。

岡山歴史のまちしるべ「吉行淳之介」【岡山市北区平和町】

岡山歴史のまちしるべ「吉行淳之介」です。岡山市の旧桶屋町に生まれました。吉行淳之介さんは戦後を代表する作家の一人で、芥川賞を受賞しています。

スポンサーリンク

運営者情報

ojmomotaro おかやまじゃーなる!は枚方ツーしん様から始まる「つーしん」系メディアを目指しています。岡山市の地元情報を配信してきます。 ⇒詳しいプロフィールこちら
PAGE TOP