岡山のお店情報

えび丼のご飯にそそり立つ海老フライ【岡山市北区駅前町】梶屋岡山駅前店(閉店しました)

kajiyaekimae-2016072703

現在、閉店しています

えび丼で各種メディアに取り上げられることの多い梶屋さん。その梶屋さんが岡山駅前店のオープンするということで話題になったのですが、時間の都合がついたので、オープン日に梶屋岡山駅前店に行ってみました。

駅前店の看板にはえび丼、かつ丼専門店とうたっているので、どんなものがあるのか、確かめてきました。

梶屋岡山駅前店訪問レポ

訪問したのはちょうどお昼頃。

徳島ラーメン麺王さんのお店の入口の自動ドアを入り、すぐ右にある階段を上がり、2階へ。

店内の奥側にはテーブル席があり、桃太郎大通り側にはすこしだけカウンター席があります。

店内はまずまず一杯でした。

タイミングよく空いていた席に案内されました。

テーブルの上にはシンプルな品数ののったメニューがおいてあります。

看板に書いてあったように、えび丼、デミカツ丼専門で、他のメニューは現時点ではありませんでした。

席についてさっそくエビ丼を頼んでみることに。
注文をして待つこと10分ほどで、エビ丼が運ばれてきました。

梶屋岡山駅前店のえび丼

kajiyaekimae-2016072703
こちらがえび丼の並です。えび丼と一緒にお味噌汁と漬物がついてきます。

さて、このエビ丼、ご飯の上にはタルタルソースがかかっており、3匹のえびフライがそそり立っています。

タルタルソースは、ご飯によく馴染んでいて、それだけでもご飯が進みそうです。

ご飯の中には小さな、剥き海老も隠れています。

おいしく頂きました。

次回はデミカツ丼にチャレンジです。

梶屋岡山駅前店について

本店のある岡山市東区竹原のお店は込み合うことがよくありますが、やはり私が店内にいる間にも続々と来客がありました。ただ、どんぶりものという性質のせいか、回転率が高く、席が空くのを待っている方もそれほど待たずに席につくことができたと思います。

今までは竹原まで行かなければならなかった梶屋のエビ丼がこれからは気軽に食べることができますね!

ただ、チャーハンやラーメンが食べたい方は岡山市東区竹原の本店にぜひ行ってみてください。

梶屋岡山駅前店のメニュー

kajiyaekimae-2016072702
岡山駅前店のメニューは、いたってシンプルです。

食べ物

えび丼:850円
デミカツ丼:850円
大盛り:+100円
小盛り-50円

飲み物

瓶ビール(キリン):500円
ノンアルコールビール:350円
レモネード:280円
黒ウーロン茶:250円

基本情報

kajiyaekimae-2016072701
店名:梶屋(かじや) 岡山駅前店
営業時間:不明
定休日:月曜日
電話番号:086-232-3700
住所:岡山市北区駅前町1丁目1-119 2F

編集M

投稿者の記事一覧

Webを利用した岡山市のローカル情報発信メディアを作りたいと岡山じゃーなる!を立ち上げた人。会社に普通に勤務しているので取材に出る頻度は少ない。「枚方つーしん(ひらつー)」様から始まる「つーしん」系メディアの存在を知った後、ふくやまつーしん」様「井笠つーしん」様の存在に刺激を受ける。岡山市だけでなく倉敷市もカバーしたい。

関連記事

  1. 白桃和風パフェを食べてきた【岡山市北区本町】岡山珈琲館クラブラテ…
  2. 焼きチーズタルト専門店PABLOさんすて岡山店がオープンする!場…
  3. アジアン料理ナマステタンドールがオープンしてる!カレーのメニュー…
  4. クレープって昔はお洒落な食べ物だったけど今どうよ?【岡山市北区表…
  5. 本の森セルバ岡山店が最終セール中!移転先は好日山荘の店内【岡山市…
  6. メキシカンバルbyタコスタイルが開店!以前、珈琲館旅路があったと…
  7. ラーメンどかいち田町店【岡山市北区田町】二郎インスパイア系ラーメ…
  8. ショッピングストアーふじうら西口店が閉店【岡山市北区奉還町】

スポンサーリンク

おすすめ記事

2017年のクリスマスが近づいてきた!岡山市内のイルミネーションをチェック!点灯式はどう?

この記事では、2017年の秋冬における岡山のイルミネーションスポットや点灯式の情報をお知らせします。

2017年11月に岡山市で開催予定のイベント情報まとめました

2017年11月に岡山市内で開催予定のイベント情報などを紹介しています。秋の幻想庭園、秋の烏城桃源郷、おかやまマラソンなど楽しいお出かけ情報が盛りだくさんです。

岡山歴史のまちしるべ「吉行淳之介」【岡山市北区平和町】

岡山歴史のまちしるべ「吉行淳之介」です。岡山市の旧桶屋町に生まれました。吉行淳之介さんは戦後を代表する作家の一人で、芥川賞を受賞しています。

スポンサーリンク

運営者情報

ojmomotaro おかやまじゃーなる!は枚方ツーしん様から始まる「つーしん」系メディアを目指しています。岡山市の地元情報を配信してきます。 ⇒詳しいプロフィールこちら
PAGE TOP