岡山歴史のまちしるべ

  1. 岡山歴史のまちしるべ「吉行淳之介」【岡山市北区平和町】

    岡山歴史のまちしるべ「吉行淳之介」です。岡山市の旧桶屋町に生まれました。吉行淳之介さんは戦後を代表する作家の一人で、芥川賞を受賞しています。

  2. 岡山歴史のまちしるべ「桜門 桜の馬場」【岡山市北区丸の内】

    岡山城旧本丸と本丸の間には内堀に沿って広場と長い通路があり「桜の馬場」と呼んでいました。

  3. 岡山歴史のまちしるべ「旧岡山県立図書館跡」【岡山市北区蕃山町】

    岡山県立図書館は、もともと、岡山市石関町に明治の頃あった亜公園集成閣という建物をリフォームして明治39年(1907年)に岡山県立戦捷記念図書館として誕生しました。

  4. 岡山歴史のまちしるべ「横綱常ノ花」【岡山市北区中山下】

    第31代横綱常ノ花寛市さんは明治29年に岡山市西中山下に生まれました。岡山歴史のまちしるべ案内板は岡山市北区にある東中山下公園の西側にあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




PAGE TOP