岡山の歴史

岡山城近くにある太閤豊臣秀吉の腰掛石は、宇喜多秀家の命を救った名医の家にあった!【岡山市北区丸の内】

(写真:写真イガラシ前にて撮影)

岡山発展の基礎をつくった宇喜多秀家。その宇喜多秀家を実の子供のように可愛がった豊臣秀吉。その豊臣秀吉が腰を掛けたという伝承をもつ「太閤の腰掛石」が岡山城の近くイガラシ写真館の玄関前にあります。

この記事では、豊臣秀吉が備中高松城攻めの軍略を練るためにを腰かけた「太閤の腰掛石」とその腰掛石を受け継いできた榎家の情報をお知らせします。

太閤の腰掛石って?

時は戦国時代、豊臣秀吉がまだ羽柴秀吉という名前だった頃、織田信長の命令により、毛利の軍勢と戦争をしていました。岡山では宇喜多直家が羽柴秀吉と協力して、中国地方の覇者たる毛利に対抗していました。

1582年(天正10年)、宇喜多直家は亡くなっていましたが、協力者の宇喜多家の岡山城の近くで、羽柴秀吉はあるお城を攻め落とす作戦を考えていました。

その城こそ、あの水攻めで有名な備中高松城です。

その作戦会議を行う本陣を置いていたのが、当時、宇喜多直家の代から宇喜多家につかえていた医者の榎家の屋敷です。

榎家の屋敷に本陣をおき、備中高松城をどのようにおとそうかと、軍略をねっていた羽柴秀吉。

見事、備中高松城を水攻めで落とした後、本能寺の変がおき、後は皆さんがご存じのとおり、羽柴秀吉は天下を統一し、豊臣秀吉の名前を変え、太閤と呼ばれる地位にまで登りつめました。

その豊臣秀吉が備中高松城を攻める軍略を考えながら、座っていたというのがこの石で、「太閤の腰掛石」の由来です。

榎家

もともと、この太閤の腰掛石は、イガラシ写真館から300m北西のところに、かってあった榎家の邸内にあったものです。

榎家は代々この腰掛石を大切にし、しめ縄を飾って、毎年正月に神主を呼んでお祓いをしていました。

犬養
榎家ってどんな家だったの?

榎家の初代当主、松浦健斎は、もともと大阪で南蛮医学を勉強し、医者として開業していたのですが、評判をきいた毛利元就からスカウトがきて、広島で働くことに。

ところが、広島に向かって瀬戸内海を船で移動していたところ、嵐に遭い、牛窓に停泊することになりました。

そこに、名医との評判が高い松浦健斎がたまたま岡山城内にいる旧友を訪れたことから、宇喜多秀家の診察を頼み、手術したところ無事に病気から快復しました。

猿渡
ここで亡くなっていたら、宇喜多家の歴史も変わっていたのかもしれないな

宇喜多直家は、まだ幼い宇喜多秀家の命をすくったことから松浦健斎に感謝し、毛利元就に断りを入れて、ご典医として岡山に招くこととしました。

そして、松浦健斎は、岡山城下に広いお屋敷をもらったのですが、その屋敷に榎の木があったころから後に松浦から榎という名字に変わりました。

桃田
その後時代は代わって、仕える先は池田家となったんだけど、旧上之町の一角に広大な土地をもっていたんだ


(写真:岡山城下町武家屋敷絵図より)

1863年(文久三年)に描かれた「備前岡山地理家宅一枚図」は幕末から明治維新にかけて岡山城城下町の様子を知ることができる貴重な地図ですが、上之町のところに榎家の屋敷が載っています。

この地図に載っている名前は、榎養雲で、禄高1200石で岡山藩の御典医筆頭をつとめていました。

犬養
この榎養雲さんの御屋敷ってどのあたりにあったの?
桃田
天神町のあたりらしい。川が埋められたり、道路を拡張したりしてるから、だいたいこの写真のあたりかな?

(写真:表町商店街から天神町方面を撮影)

榎養雲は、明治を迎えた後、岡山藩医学館が開設された際に、漢方医として岡山藩医学館の副督事になりました。

榎養雲の子供の榎昌も、明治から大正にかけて、中国銀行の重役として、この榎家の屋敷から人力車で出勤していたとのことです。

猿渡
じゃあ榎家のご子孫の方はいまでも岡山にいるのかな?

その後も榎家はしばらく岡山に住んでいましたが、戦前に岡山を離れ、東京に移り住むことになりました。

その時に榎家の邸宅内にあった太閤の腰掛石は、当時の榎家当主の榎二郎さんと内山下小学校の同級生だった五十嵐さんの縁で、岡山に残されることとなりました。

岡山城でさえ焼き尽くした岡山空襲のなかでも、「太閤の腰掛石」は幸いにも傷つかずにすみ、現在はイガラシ写真館の玄関の前におかれています。

基本情報


桃田
太閤の腰掛石の基本情報はこちら

■ 史跡名
 太閤の腰掛石

■ 場所
 岡山市北区丸の内2丁目8−5 写真イガラシ前

参考資料

桃田

今回の参考資料はこちらです

・正富安治「岡山城下町武家屋敷絵図」昭和56年10月18日発行
・岡山文庫「岡山の表町」岡山文教出版 平成2年7月20日発行
・ワクワクおかやま探検隊報告書「私の見つけた宝物 地域資源カード集」岡山市 平成6年
第3回 岡山藩医学館 教授 生田安宅:岡山の医療健康ガイドMEDICA

編集M

投稿者の記事一覧

Webを利用した岡山市のローカル情報発信メディアを作りたいと岡山じゃーなる!を立ち上げた人。会社に普通に勤務しているので取材に出る頻度は少ない。「枚方つーしん(ひらつー)」様から始まる「つーしん」系メディアの存在を知った後、ふくやまつーしん」様「井笠つーしん」様の存在に刺激を受ける。岡山市だけでなく倉敷市もカバーしたい。

関連記事

  1. 岡山歴史のまちしるべ「吉行淳之介」【岡山市北区平和町】
  2. 岡山歴史のまちしるべ「桜門 桜の馬場」【岡山市北区丸の内】
  3. 城下町(二の丸界隈)を歩いてみた!大手門から本丸への正規ルート【…
  4. 奉還町にあった映画館
  5. 岡山で一番最初に映画が上映された心明座はどこにあったの?【岡山市…
  6. 岡山城西丸西手櫓に案内板が設置されてる【岡山市北区丸の内】場所は…
  7. 岡山歴史のまちしるべ「横綱常ノ花」【岡山市北区中山下】
  8. 昔の人は結構大胆!お地蔵さんを川に投げ込んで願いごとをしていた!…

スポンサーリンク

おすすめ記事

2017年のクリスマスが近づいてきた!岡山市内のイルミネーションをチェック!点灯式はどう?

この記事では、2017年の秋冬における岡山のイルミネーションスポットや点灯式の情報をお知らせします。

2017年11月に岡山市で開催予定のイベント情報まとめました

2017年11月に岡山市内で開催予定のイベント情報などを紹介しています。秋の幻想庭園、秋の烏城桃源郷、おかやまマラソンなど楽しいお出かけ情報が盛りだくさんです。

岡山歴史のまちしるべ「吉行淳之介」【岡山市北区平和町】

岡山歴史のまちしるべ「吉行淳之介」です。岡山市の旧桶屋町に生まれました。吉行淳之介さんは戦後を代表する作家の一人で、芥川賞を受賞しています。

スポンサーリンク

運営者情報

ojmomotaro おかやまじゃーなる!は枚方ツーしん様から始まる「つーしん」系メディアを目指しています。岡山市の地元情報を配信してきます。 ⇒詳しいプロフィールこちら
PAGE TOP