新しい岡山駅に慣れるまで混乱しそう【岡山市北区岡山駅】

JR西日本岡山支社が2015年9月17日に発表したニュースに鉄道ファンだけでなく岡山県民に少なくない衝撃を与えました。

岡山駅東口が岡山駅後楽園口
岡山駅西口が岡山駅運動公園口
宇野線が宇野みなと線
吉備線が桃太郎線

岡山駅の東口と西口名前

岡山駅後楽園口

駅の東側エリアには国の特別名勝にも選ばれ世界に誇る文化財庭園である「岡山後楽園」があり、ここへ向かう出口であることを、特に県外からお越しになるお客様にわかりやすくなることを考慮しました。

岡山駅運動公園口

駅の西側エリアの主要施設である県総合グラウンドの通称として地元の皆さまにも馴染みがあり、スポーツコンベンションへの参加や観戦でお越しになるお客様にわかりやすくなることを考慮しました。

宇野線と吉備線の名前

おそらく一番の関心は吉備線の名前が桃太郎線に変わることでしょう。
岡山は、桃太郎ジーンズや桃太郎スタジアム、桃太郎温泉など、桃太郎に対して愛着をもっているのと同時に、なんでも桃太郎◯◯になることに抵抗感があります。

宇野みなと線

近年、瀬戸内のアート島々へのご旅行が増えており、その玄関口・宇野港へ向かう路線であることをよりわかりやすくお伝えするとともに、海が広がる明るいイメージと親しみを感じていただきだいという思いを込めました。

桃太郎線

沿線に桃太郎伝説のモデルとされる吉備津彦命にまつわる多くの伝説や史跡が残されており、桃太郎が子どもから大人までの昔話として慣れ親しまれていること、また台湾など国外でも認知・関心が高まっていることを考慮しました。

桃太郎線や岡山駅後楽園口への反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。