イオンモール岡山で開催中の海洋堂EXPOは神作品の展示だけでなく、なんと写真撮影も可能!【岡山市北区下石井】


プラモデル、ガレージキット、フィギュア、食玩など模型業界では日本だけでなく世界にも名を知られた海洋堂。
その海洋堂の作品の展示総数が3,000点以上、という圧倒的なスケールの海洋堂EXPOが2017年7月22(土)より、イオンモール岡山で開催されている。

この記事では2017年07月にイオンモール岡山で開催が始まった「海洋堂EXPO」のイベントレポート情報をお知らせします。

おかやま未来ホール エントランス

おかやま未来ホールのエントランスに入るとそこで出迎えてくれるキャラクターの作品は3点。


「ケンシロウ(北斗の拳)」


「女神様三重奏(ああっ女神様っ!)」


「綾波レイ(新世紀エヴァンゲリオン)」


そして会場入り口で雄叫びをあげているかのは海洋堂のシンボルキャラクターのレッドドラゴン。

ここまでは無料コーナーになっているので、キャラクターと一緒に是非とも写真を撮りたいもの。

そして、今回の海洋堂EXPOのすごいところ、いえ、海洋堂のすごいところは作品を撮影可能としているところ。

これはスマホやカメラに納めていくしかないでしょう!

それでは会場内に入ります。

特集ゾーン

海洋堂の最新作や話題作の紹介コーナーになっています。阿修羅像や映画「シン・ゴジラ」の雛型レプリカモデル、日本各地のご当地名物を各県ごとにミニチュア化した「フィギュアみやげ」などが展示されている。今回のイベントで一番の大きさとなる映画「ローレライ」に登場した潜水艦「伊507潜」があるのはこの展示ゾーン。

「阿修羅像と本格博物館モデル」コーナー


海洋堂は博物館や美術館、恐竜博、さらには大英博物館からも話を持ち掛けられるなど世界的に高い評価を受けています。
阿修羅像など、本格的な造形美を見ることができます。


いまJR岡山駅に新しくできたTARO’s SQUARE(タローズスクエア)に展示されている岡本太郎さんの作品のミニチュア。

ローレライ


映画「ローレライ」に登場した潜水艦「伊507潜」1/144モデル

「特集フィギュア~シン・ゴジラへの道~」


2016年の大ヒット映画となった映画「シン・ゴジラ」。そのゴジラの雛形レプリカモデルを商品化し、再現度の高さから話題となっています。

「フィギュアみやげ」


日本各地のご当地名物を各県ごとにミニチュア化した「フィギュアみやげ」

海洋堂ヒストリーゾーン


大阪府守口市のわずか1坪半の模型店として誕生した海洋堂。いまでは世界的な評価を博してるが、スタート時点ではごくごく小さなお店だった。その海洋堂のこれまでの歩みを紹介したゾーン。

おまけフィギュアライブラリーゾーン


様々な分野のおまけフィギュアが2,500点以上展示されているゾーン。

ジオラマゾーン

ボックスジオラマのギャラリーゾーンになっています。キャラクターに加えて、背景も一緒になって再現されたジオラマは臨場感にあふれているため、こちらも一点ずつチェックしていきたい。有名アニメ作品だけでなく、恐竜や動物などの作品が展示されている。


作品「パトレイバー」


作品「新世紀エヴァンゲリオン」


作品「ゲゲゲの鬼太郎」

感想


世界クラスの造形集団と言われる海洋堂の作品が、岡山でこれほどの数が展示されるのはしばらくないのでは?

作品の完成度には、サブカルに興味がある方だけでなく、昔、少年少女だった大人の方も、感激すること間違いなし。

お子様連れでも安心して訪れることのできる作品ばかりですので、この夏休みにご家族で訪れてみてはいかがでしょうか?

基本情報


■イベント名
海洋堂EXPO
■開催期間
 2017年7月22日(土)~2017年08月20日(日)
■開催時間
10:00~19:00(入場は閉場30分前)
 最終日 10:00~17:00(入場は16:30まで)
■定休日
なし
■住所
岡山市北区下石井1-2-1 イオンモール岡山 5F おかやま未来ホール

■問合せ先
イオンモール岡山チケットセンター