岡山のイベント

岡山市超小型モビリティ認証実験プロジェクト「オカモビ」に実際乗ってみた!

okamobitest-01

岡山市超小型モビリティ実証実験プロジェクト「オカモビ」に実際乗ってみたのでレポートします。

「オカモビ」というのは岡山市都市整備局交通政策課が行っている1人乗りの電気自動車を使ったカーシェアリング実験のことです。「オカモビ」の実証実験は10月24日から始まったため、日中、岡山駅や表町の周辺で走行している姿をみかけた人もいるのではないでしょうか?

超小型モビリティによるカーシェアリングにより、公共交通機関やマイカー、自転車などの交通手段を補完し、岡山市中心部へに乗り入れする車両を減らして、公共交通機関の促進をすすめていこうという取り組みです。

オカモビの想定利用目的
okamobitest-02
(岡山市都市整備局交通政策課HPより引用)

岡山市ではすでに「ももちゃり」というコミュニティサイクルが導入され、成功をおさめていますが、それの自動車版ということでしょうか?

実証実験ということで、たくさんの人がそれぞれの目的に使うことでデータを集める必要があります。

「オカモビ」の利用は無料ですし、せっかくなので、私も利用してみました。

オカモビ貸し出しステーション

現在、岡山市では2カ所ステーションが一時的に設置されています。
岡山駅西口と表町の天満屋バスステーションの近くにあります。

今回利用したのは天満屋バスステーション近くにある駐車場です。
利用の際には事前にネットで空き状況を確認することができるということですが、週末にもかかわらず、ちょうど2台空いていました。
いまの時点では、それほど、混雑はしていないようです。

okamobitest-03
受付所で係の方に利用を申し込み、行先や利用時間を伝え、利用方法の説明を受けます。
オカモビの利用規約同意書に、住所と名前、携帯番号等を記入します。

乗車の際に渡されるもの

オカモビのカードキー
無料で一時利用できる専用駐車場の地図、駐車場のチケット
後部トランクのカギ

エンジンの掛け方やサイドブレーキなどの説明をきちんとしてくれるので、ここはしっかり聞きましょう。
サイドブレーキは少し癖があるので、走行前にしっかりと確認した方がいいですね。
私の場合、フル充電だったのですが、走行中に消費して、バッテリーのメモリーが残り少なくなると監視システムから連絡が入るそうです。
万が一、バッテリー切れになったら、レッカー車を呼ぶようになり、運転者が負担するようになるので気を付けてください。

オカモビを運転してみる

それではオカモビの運転を。
京橋の方から県庁をぐるりと回ってまずは試運転。
そして京橋を渡って中区に渡り旭川沿いに南に向けて運転しました。

okamobitest-04
今回の目的地、岡山市中区にある三蟠港の石碑へ到着です。
最高速度は60キロということですが、運転中、特に問題はありませんでした。
普段見慣れぬ車のせいか、後部の車も車間距離をとってくれていたのかもしれません。
そこで、オカモビの写真を撮りました。
その後は、桜橋まで戻り、清輝橋、岡山大学医学部、西側沿いを走った後、イオンモール岡山周辺を走ってみました。
今回、オカモビ用に駐車場を岡山市中心部に用意してありますが、使いませんでした。
やはり、こういうところは公共交通機関や自転車を使った方が便利で、オカモビは郊外へ向けての移動手段として使うのがお勧めかも?
また、バイパスに乗ることは一応可能とのことですが、身の危険を感じるから慣れないうちは辞めた方が…
私も今回はバイパスに乗りませんでした。
なお、電気自動車のため、少しでも電気の消費を減らすために、エアコンはありません。
仕方ないことといえ、夏場、冬場だとつらそうです。
携帯の充電をしたいと思ってもシガーソケットも用意されてないとのことでした。

※寄せられた情報によると、記事中「シガーソケットはない」とのことですが、ありましたよ。わかりにくいですが、シフトレバーの下側奥のほうにあります。記事中の画像にも写ってます。取説によるとオプションのようです。

オカモビの車内外の写真

okamobitest-05

車に乗る前、車から降りた後には、ここにカードキーをかざます。

okamobitest-10
オカモビ、ドアがありません。
側面にチャックのついたカバーがあるので、それを着脱して乗り降りすることになります。
okamobitest-06
エンジンはここにある黄色のスイッチを。

okamobitest-07
オカモビのギアはドライブモードはD(前進)、R(後退)、ニュートラルしかなく、P(駐車)がありません。
駐車状態を保つにはニュートラルにして、必ず、サイドブレーキを引く必要があります。

okamobitest-08
オカモビの運転席前の小物入れ。一応、携帯電話ホルダーはあるのですが、お財布や携帯電話はここに置いた方が良さそう。
okamobitest-09
オカモビの後部トランク。小物以外の荷物や買い物袋をいれることを想定されています。

okamobitest-11
オカモビのシートは普通の車と違って位置や角度調整はできません。
大柄な方、もしくは小柄な方だと少しつらいかもしれません。

※寄せられた情報によるとシートは前後にスライド可能とのこと

オカモビ認証実験期間

2016年10月24日(月)~12月22日(木)
9:00~19:00

最後に

利用時間は当初、3時間にしたのですが、実際に運転したのは2時間ほど。ちょっとした用事に使うなら、十分な時間でした。乗り心地の方ですが、普通乗用車のような快適性はありませんが、十分なものでした。
電気自動車の運転は今回が初めてでしたが、遊園地にあるゴーカートを運転しているという感覚です。
貸し出しステーションに戻ると、用意されていたアンケートに記入します。
アンケートの中身ですが、実際に乗ってどうだったか、有料化した場合どれくらいの料金なら利用するかなど。
確かに有料化になった場合、民間のカーシェアリングと競合することになります。
ももちゃりのように、別の貸し出しステーションに乗り捨てできるように、とも考えがあるようですが、まだまだ考えなければならない余地は多そうです。
また、アンケートで「ヒアリングに協力しても良い」と答えた者の中から一部の人が、12月上旬に、岡山市役所に呼ばれて「オカモビ」を利用した意見を聞かれるそうです。
この機会に、県外などのカーシェアリングの状況を調べて、考えてみるのもいいかもしれません。
ちなみに、日にちを変えれば、再度オカモビを利用できるみたいです。
ぜひもう一度、乗ってみたいですね。

編集M

投稿者の記事一覧

Webを利用した岡山市のローカル情報発信メディアを作りたいと岡山じゃーなる!を立ち上げた人。会社に普通に勤務しているので取材に出る頻度は少ない。「枚方つーしん(ひらつー)」様から始まる「つーしん」系メディアの存在を知った後、ふくやまつーしん」様「井笠つーしん」様の存在に刺激を受ける。岡山市だけでなく倉敷市もカバーしたい。

関連記事

  1. 2017年07月に岡山市で開催予定のイベント情報まとめました
  2. 平成28年(2016年)岡山城烏城初夢まつり【岡山市北区丸の内】…
  3. 岡山市内のイルミネーションをハシゴする!幻想庭園・烏城灯源郷・西…
  4. 延養亭【岡山市北区後楽園】で殿様気分を味わう
  5. 2016年10月に開催予定のイベント情報まとめました
  6. 12月16日から開催!岡山シティミュージアムでスター・ウォーズ展…
  7. 今年の11月3日は岡山城天守閣が再建されて50周年
  8. イオンモール岡山に道端アンジェリカさん、SHOUTAさんがやって…

スポンサーリンク

おすすめ記事

岡山歴史のまちしるべ「吉行淳之介」【岡山市北区平和町】

岡山歴史のまちしるべ「吉行淳之介」です。岡山市の旧桶屋町に生まれました。吉行淳之介さんは戦後を代表する作家の一人で、芥川賞を受賞しています。

にんにく入れますか?スパゲッツダンディ【岡山ラーメンストリート】

岡山(下石井)ラーメンストリートに新たにオープンしたスパゲッツダンディ。ラーメンではないけどガッツリ食べれるお店。

白桃和風パフェを食べてきた【岡山市北区本町】岡山珈琲館クラブラティエ

フルーツパフェの街おかやまの参加店舗のひとつ、岡山珈琲館クラブラティエで白桃和風パフェを食べてきました。

スポンサーリンク

運営者情報

ojmomotaro おかやまじゃーなる!は枚方ツーしん様から始まる「つーしん」系メディアを目指しています。岡山市の地元情報を配信してきます。 ⇒詳しいプロフィールこちら
PAGE TOP