岡山の歴史

城下町岡山の変遷がわかる古地図をまとめました!(PCでの閲覧推奨)

(イラスト素材:イラストACより)

現在、岡山市は、平成の大合併を経て、周辺の広範囲な地域を含むようになりました。そのため岡山市は、北区、南区、中区、東区と区分されています。

この記事では、城下町岡山の古地図(江戸時代・明治時代・大正時代・戦前)についてまとめた情報をお知らせします。

県外の方に倉敷市のイメージと言えば「美観地区」となるように、岡山市のイメージと言えば、岡山後楽園や岡山城のある岡山市中心部、それこそ岡山駅周辺を思い浮かべると思います。

岡山市の中心部は、安土桃山時代に宇喜田直家・秀家親子が岡山城城下町として整備して基礎をつくり、小早川秀秋を経て、江戸時代から明治にいたるまで池田家が統治していたことにより、幸いにもまとまった文献資料を残すことができました。

ただ、明治時代になり城下町としての雰囲気が少しずつ薄れていき、岡山大空襲により岡山城や寺院を含めた城下町のほぼ全体が焼かれ、目に見える数多くの貴重な歴史を永遠に失ってしまいました。

その後も岡山市街地の発展により、岡山市中心部には、戦前の歴史を感じさせるものはほぼ残っていませんが、現在に残っている地図や町名をたどることで、その残り香を追いかけることができます。

城下町としての岡山

猿渡
岡山市の歴史を調べている時に、今は使っていない町名で書いてあると、何処の場所かピンとこないんだ
桃田
江戸時代、池田のお殿様が治めていたころ、岡山城下には60近くの町人の町があったらしいよ。江戸幕府の規制で石高が1万石につき、城下町に2つの町人の町を置くことを許されていたんだって
猿渡
さすが、備前岡山藩31万5千石。
雉間
……「大都会岡山」
桃田
それでもね、江戸時代の東京のことを「大江戸八百八町」と言うけれど、18世紀半ば頃には江戸に1678町もあったみたい
犬養
すご!
猿渡
808町なのに、実際はその2倍以上かよ!
桃田
さっき60近くの町人の町があったって言ったけど、江戸時代の間に岡山城下の町名はある程度、変わっているんだ。もちろん、昭和になってからも、 岡山市で町名改正があったから急に言われたら「あれ?どこだっけ?」ってなるかな
犬養
表町でも年配の人が「栄町」や「紙屋町」とか言ったりするよねー
猿渡
表町も1丁目、2丁目、3丁目となってるけど、商店街のアーケードのところに昔の町名が書いてあるから、なんとなくはわかるんだけどな
桃田
今でも使われている町名はあるけれども、町名改正によって、その町内会の人ぐらいしかわからない町名も増えてきているよ
犬養
そうだねー。住居表示を見たら一言もそんなこと書いてないのに、歩いていたら〇〇町って名前があったりするから「えっ?」ってなるー。
雉間
……滝本町
猿渡
(……どこだよ)
雉間
……高砂町
猿渡
(……どこだよ)
桃田
岡山市も「岡山歴史のまちしるべ」という町名由来碑や歴史の説明看板の設置事業を進めているから、一部の場所は「旧〇〇町」と表現されている町名由来碑を目にするようになったね。
犬養
うんうん!気づいたら、いつの間にか、「岡山歴史のまちしるべ」が、いろんな場所に設置されてるー
桃田
今は跡形も残っていないけど、説明看板を見て、昔はこんな場所だったのかと思いをめぐらすと楽しいよ
犬養
昔の地図を見ると、こんなところにこんなものが、ってなるから面白いー
猿渡
タイムマシンがあって10年前に戻れたら、イオンモール岡山の写真を見せて、この建物が林原モータープールにできるって言ったらびっくりするだろうなー


というわけで、昔の岡山市の様子がわかるように地図の発行年別に古地図をまとめてみました

デジタル岡山大百科(岡山県立図書館 電子図書館システム)の提供するデジタルコンテンツですので、パソコンからインターネットで公開されている岡山市の地図を見ることができます。(スマートフォン、タブレットでは見れない可能性が高いです)

江戸時代の城下町岡山の地図

1690年(元禄3年)頃 岡山城下之図 元禄頃家中屋敷割之図
1711年(宝永8年)3月 宝永八年岡山丸亀町絵図
1840年(天保11年) 備前御城下故図 夏
1840年(天保11年)備陽御城下故図 秋
1840年(天保11年)備前御城下故図 冬
1845年(弘化2年)頃 岡山之図

明治時代の岡山市の地図

1875年(明治8年)12月 官許岡山県市中略図 明治8年
1900年(明治33年)5月 大改正新市区岡山市明細地図
1906年(明治39年)8月 最新岡山市街地図
1910年(明治43年)11月 岡山市地図
1911年(明治44年)10月 岡山市明細地図 明治44年

大正時代の岡山市の地図

1916年(大正5年)1月 岡山市明細地図 附接近郡村地図 大正5年
1922年(大正11年)4月 実測岡山市及郊外明細地図

昭和時代(第二次世界大戦以前)の岡山市の地図

1932年(昭和7年) 岡山市を中心とする鳥瞰図
1933年(昭和8年)3月 岡山市全図
1934年(昭和9年)5月 最新岡山市街地図 昭和9年
1935年(昭和10年)12月 最新岡山市街地図 昭和10年
1940年(昭和15年)6月 最新詳密岡山市街地図 昭和15年

その他の岡山市の地図

上記の地図はインターネットで公開されている地図です。インターネットで公開している地図を含めて岡山中央図書館(岡山市北区二日市町)では岡山県内の地図が所蔵されています。

こちらが岡山中央図書館で所蔵されている地図の目録です。
郷土地図目録

興味をもった方は、岡山中央図書館にお問合せください。

編集M

投稿者の記事一覧

Webを利用した岡山市のローカル情報発信メディアを作りたいと岡山じゃーなる!を立ち上げた人。会社に普通に勤務しているので取材に出る頻度は少ない。「枚方つーしん(ひらつー)」様から始まる「つーしん」系メディアの存在を知った後、ふくやまつーしん」様「井笠つーしん」様の存在に刺激を受ける。岡山市だけでなく倉敷市もカバーしたい。

関連記事

  1. 岡山歴史のまちしるべ「横綱常ノ花」【岡山市北区中山下】
  2. 昔の人は結構大胆!お地蔵さんを川に投げ込んで願いごとをしていた!…
  3. こんなところに!岡山初の映画館の世界館は野田屋町にあった!【岡山…
  4. 岡山城西丸西手櫓の裏側が見える!【岡山市北区丸の内】
  5. 岡山歴史のまちしるべ「桜門 桜の馬場」【岡山市北区丸の内】
  6. 城下町(二の丸界隈)を歩いてみた!大手門から本丸への正規ルート【…
  7. 岡山城西丸西手櫓に案内板が設置されてる【岡山市北区丸の内】場所は…
  8. 岡山歴史のまちしるべ「旧岡山県立図書館跡」【岡山市北区蕃山町】

スポンサーリンク

おすすめ記事

岡山歴史のまちしるべ「吉行淳之介」【岡山市北区平和町】

岡山歴史のまちしるべ「吉行淳之介」です。岡山市の旧桶屋町に生まれました。吉行淳之介さんは戦後を代表する作家の一人で、芥川賞を受賞しています。

にんにく入れますか?スパゲッツダンディ【岡山ラーメンストリート】

岡山(下石井)ラーメンストリートに新たにオープンしたスパゲッツダンディ。ラーメンではないけどガッツリ食べれるお店。

白桃和風パフェを食べてきた【岡山市北区本町】岡山珈琲館クラブラティエ

フルーツパフェの街おかやまの参加店舗のひとつ、岡山珈琲館クラブラティエで白桃和風パフェを食べてきました。

スポンサーリンク

運営者情報

ojmomotaro おかやまじゃーなる!は枚方ツーしん様から始まる「つーしん」系メディアを目指しています。岡山市の地元情報を配信してきます。 ⇒詳しいプロフィールこちら
PAGE TOP