おでかけ

瀬戸内国際芸術祭2019・春〜一眼レフと犬島女子旅〜アートに触れて、食を楽しみ、自然に感動する『犬島』

『まるごと岡山食べ尽くし日記』という、主に岡山周辺のグルメ情報を中心としたブログで情報発信をさせていただいる「まるごと」@marugotookayama)と申します。

今回は相方(えーぽん)さんと一緒に犬島を巡る『アートな女子旅』を楽しんできました。

写真を撮ることも趣味でアートとともに写真を撮りながら島を歩き回ったので、どなたかのご参考になればと思いますので、よろしければ最後までお付き合いください♪


2019年4月26日〜2019年5月26日まで

『瀬戸内国際芸術祭2019・春』が犬島で開催中です。

今回、女子二人で「アートに触れる旅」を体感してきましたのでご参考になれば嬉しいです。

そうだ、犬島に行こう!!!

『京橋クルーズ』で犬島に行こう!

京橋クルーズ

今回は、『京橋クルーズ』を利用して犬島へ向かいます。

JR岡山駅東口から路面電車(東山・おかでんミュージアム行き)乗車

『西大寺町』下車(約7分で到着)

岡山京橋乗り場案内

路面電車を降りると、すぐに案内板を発見。

道なりに進んでいくと・・・ レトロな建物を発見しました!!

チケット売り場まではとっても分かりやすいので、方向音痴の私でもすぐにたどり着くことができました!

コチラでチケットを購入して向かいます!

この日は、 ゴールデンウイーク真っ最中ということもあり、満席の表示が出ていました。

予約名を伝えて、お金を支払い チケットを受け取ります。

京橋⇆犬島間は 往復一便しかないのでご注意を!!

行き10:40発(岡山京橋)→11:45着(犬島港)

帰り14:40発(犬島港) →15:45着(岡山京橋)

当日往復チケットは、 岡山京橋クルーズHPで販売されています。

※京橋発⇆犬島の当日往復チケット料金は

大人3600円(小学生1800円)

なお、

チケット購入の際は 大人も子供も同料金(3600円)を支払い

後から子供料金の差額分を船の中で返金されていました

http://okcruise.co.jp

↑詳細はコチラ。 (Okayama京橋クルーズHP様)

コチラから、予約もできます。

 

チケットを持っていざ船へ!!

船は3人がけで 席数ぴったりの乗船チケットが販売されているので

早めに並んでおかないとバラバラになる可能性あり。

私たちは、最後の方に乗車しましたが 運よく2人分の席があったので、楽しくおしゃべりしながらクルーズを楽しみました!

船の中では、犬島のパンフレットをいただいたり、犬島のDVDを見たりでちょっとツアー気分♪

犬島のことを皆で予習しながら向かいます。

しばらく、旭川をゆっくりくだります。

海に出ると、スピードが速くなりました♪

乗り物酔いの心配も少しありましたが平気でした♪

見えてきた犬島

あっという間に犬島が見えてきました!

1時間のクルーズお疲れ様です♪

犬島港に到着♪

港の近くには、案内をしてくれるスペース。

船の時刻なども書いてあるので

チェックしておくのにも便利ですね!!

犬島から京橋行きは、午前中にも一便あるみたいなので 宿泊して帰るのもアリですね♪


『Ukicafe』で美味しいパスタを食べよう♪

まずは腹ごしらえから♪

下調べをしていた 『UkiCafe』へと向かいます。

島内の観光は、基本的には全部徒歩!

細い道をお散歩気分でぐるぐる巡るのが これまた楽しいんです♪

途中にも、カフェやバーなどが 意外とたくさんあったので、気になりました。

そして、犬島港から歩くこと15分弱。(少し迷いました←)

目的の『UkiCafe』に到着♪ 緑の溢れるお庭です。

可愛いチャボがお出迎えしてくれます。

コチラの古民家のお家の中では 美味しいパスタをいただけます♪

12時過ぎごろに到着しましたが、 私たちの前に4組ほど待たれていました。

名前を記入して待つスタイルなので、 待っている間に写真を撮りました★

椅子がいくつかあるので

ゆっくり座って待つこともできるし・・・・

お店の前にある木には、手作りのブランコが!!!!

これはテンション上がるポイント♪

相方さんも喜んでいました♪もちろん私も乗りました(笑)

そうこうしていると、私たちの順番がやってきました。

店内に入ると、まず目に入るのがコチラ

かき氷!?!?

なんと、コチラは『セルフかき氷』となっていて

一人500円を払えばかき氷が食べ放題のようです!!

これからの季節には嬉しいですね♪

シロップは定番の

いちご・メロン・レモン・みぞれ・ブルーハワイ

の5種類が用意されています。

さらに飲食スペースへと進みます。

靴を脱いで、畳の部屋に上がります。

大きな窓と縁側が開放的です。

昔懐かしのおもちゃも用意されているので遊ぶこともできます♪

懐かしのゲームボーイもありました!

それでは、ランチのメニューを紹介いたします。

ランチは、2種類のパスタを選択できます♪

●タコとキノコのトマトソース
●ジャガ芋とベーコンのほうれん草ソース

(ミニサラダ・ドリンク付)

各900円

 

ドリンクは

コーヒー/紅茶/ハーブティー/緑茶/

オレンジジュース/リンゴジュース

から選択できます。

 

注文して、ちょっとお手洗いを借りると

黒板でできたドアの向こうがお手洗いでした。

黒板には、自由に文字や絵を描いたりできるので

ここでも、遊び心をくすぐられますね♪

 

注文して10分〜15分ほど待つと、お料理が出てきました。



『ジャガ芋とベーコンのほうれん草ソース』

ミニサラダは、ガラスのコップに入って涼しげで可愛いです。

パスタは、具沢山で、お野菜もたっぷり♪
ほうれん草ソースは、オイル系であっさり食べることができます。

ホクホクのじゃがいもがゴロゴロ。

ベーコンもたっぷり入っていて大満足です♪


コチラは、

『タコとキノコのトマトソース』

トマトソースのパスタはとっても綺麗な色合い。

コチラも、あっさりしていてペロリと食べることができる一品です。

とても、居心地が良くて遊び心のあふれる素敵なカフェでした^^


『家プロジェクト』を巡ろう♪

腹ごしらえも完了し『家プロジェクト』をまわることにしました。

家プロジェクトは、犬島港からウキカフェまでの道筋に集中しているので、港方面に戻りながらゆっくり見ることができます。

家プロジェクト「I邸』

まずは、ウキカフェの一番近くにあった

『家プロジェクト I邸』から。

 

コチラは、お庭からが「アート」になっています。

 

家プロジェクトのチケットを、まだ購入していなかったのですが

コチラでも、犬島の家プロジェクトの共通チケットを購入できました。

 

(2060円でした)

 

残念ながら、中は写真を撮ることができませんでした・・・。

↑このような感じになっています。

(※画像は公式HPからお借りしました。)

http://benesse-artsite.jp/art/inujima-arthouse.html

 

外から撮影すると、このようになっています。

こういうアートは、人によって感じ方や捉え方が変わってくるので

一人で何か感じか感じるのも面白いし友達や家族で

これどういう意味なのかなぁ?」

と、お話をしながらまわれるのも家プロジェクトの魅力です。

なかなか奥が深いですね。


家プロジェクト『C邸』

そして、また少し歩くと、見えてきました。

コチラは

『家プロジェクト C邸』になります。

少し和モダンテイストです。

近くに行ってみると、

黄色のハンモックがぶら下がっており

もちろん、ハンモックに座ったりすることもできるようでした。

ちなみに階段もありますが、コチラは「アート」としての階段のようで

二階があるわけではありませんでした。

開放的で不思議な空間になっていました。


途中で発見した『定紋石』

定紋石

次の家プロジェクトに向かう途中に

『定紋石』という案内板を発見したので見に行ってみることにしました。

少し険しい道を2分ほど奥に進むと、

行き止まりに縄のような模様の入った石を発見しました。

定紋石

ご利益がありそうなので触っておきます。

たくさんの方がお参りされたあともありました。


家プロジェクト『A邸』

続いて、『家プロジェクト A邸』の紹介。

コチラは、アクリル板でできたサークルの中に銀色の椅子が一つだけ置いてあります。

 

※↑の画像もhttp://benesse-artsite.jp/art/inujima-arthouse.html より。

アクリル板のフレームが可愛い♪

こんな感じで写真を撮ってみました♪


中の谷東屋でおしゃれにひとやすみ♪

 

続いて、「休憩所」として設置されている

『中の谷東屋』

うさぎの耳のような椅子が5つ並びます。

ここで写真を撮ったら結構可愛く撮れるのでオススメ♪


家プロジェクト『S邸』


続いて、A邸の目の前にあるのが
『家プロジェクト S邸』

「コンタクトレンズ」という作品。

光などが反射してとっても綺麗です。

そんなこんなでゆっくりしすぎて、泣く泣くもう一つの家プロジェクト『F邸』を諦め

『犬島精錬所美術館』を目指します!!


犬島精錬所美術館は、外国にきたかのような気分!?

遠くから見えてテンションの上がる私たち。

ちょっと外国に来たような気分になれて嬉しい♪♪

ですが、、、なんと道を間違えていたようで

まさかの反対側の海まで出てしまいました・・・。

犬島海水浴場

綺麗な海にうっとり・・・・。

いい場所を知れて嬉しいのですが、出航までの時間が迫ってきている!!!!!

急いで引き返して、出航まで30分の時に、やっとたどり着けました・・・。

(計画性なくて反省)

目の前で見る塔は感動的です!!!!

門の中に失礼します。

このように、レンガが積み重なっている景色が続き、海の青とレンガの赤茶色がとっても綺麗に映えます♪

本当は、もっと上から撮りたかったのですが

美術館に入るのに順番待ちをされている状況だったので、時間がなくて難しかったです・・・・。

ショック・・・。

犬島精錬所美術館の情報を記載しておきます。

開演時間:10:00〜16:30(最終入館16:00)
休館日:火曜日(3月1日〜11月30日)
火曜日から木曜日(12月1日〜2月末日)
※ただし祝日の場合は開館、翌日休館
※月曜日が祝日の場合は火曜日開館、翌水曜日休館
鑑賞料金:2060円
※犬島「家プロジェクト」、犬島 くらしの植物園と共通
※15歳以下無料
電話番号:
086-947-1112

ですが、存分に写真を撮ることができたので大満足できました!!

外は、人も少なかったので、写真は撮り放題!!!

海をバックに素敵なアングルで撮れるので映えること間違いなしです!!!


一通り撮って満足したら、船の出航時間まで残り8分!!!!

急ぎ足で犬島港まで戻り、無事間に合うことができました。

 

できればもう一軒ほどカフェに行きたかったのですが

 

GW中だったこともあり最初のカフェで1時間ほど滞在した事と

回り方をしっかり決めていなかったので

 

「あーーー、もう1時間あったらなぁ・・・」

という気持ちもありましたが、

それくらい楽しむことができる島でした!!!!

自然がいっぱいの島なので、違う季節に来ても

景色などが変わって違う写真を撮れそうなので、またリベンジしたいなと思いました♪

 

島でしか見れない景色。

島でしか感じることのできないワクワク感。

古民家建築やアートに触れて、新しい自分を発見できそうな素敵な島でした。

 

ご拝読ありがとうございました♪

 

 

(モデル:えーぽん&まるごと)

 

 

まるごと旅メモ_φ(・_・

まるごと旅メモ_φ(・_・

  • 「京橋クルーズ」は事前にご予約を!片道約1時間の船旅♪
  • 犬島内は徒歩で観光!小さな島&カフェも所々にあり安心♪
  • 古民家を改造したお洒落カフェが沢山
  • 「Ukikafe」はパスタとかき氷が美味しいレトロカフェ♪
  • 休日に行くなら、カフェに1時間ほどかかりそう
  • 家プロジェクトは撮影NGなものもあり
  • 犬島精錬所美術館は、入場しなくても一面レンガのスポットには入れる
  • 往復1便しかない船の時間は最初にチェック
  • 方向を把握して効率よく回るのが意外と難しかった
  • 自然がいっぱいで、どこか懐かしさを感じる島

岡山じゃーなる!よりコメント

桃田
今回の犬島の記事は2018年8月に岡山を中心としたグルメブログを開設されている「まるごと」@marugotookayama)さんに寄稿していただきました。
まるごと岡山食べ尽くし日記

まるごと岡山食べ尽くし日記

投稿者の記事一覧

岡山を中心に福山や他地域のグルメも幅広く紹介している20代裸眼女子。コスパのいい食べ物が大好き。初心者ですが、できるだけ毎日ブログ更新していますので、チラッとでも立ち寄っていただけたら光栄です(*^^*)食べ物を通して沢山の方と交流ができたら嬉しいです!フォローされると喜びます。因みにaikoジャンキー。

関連記事

  1. 岡山から松山への往復の交通費を格安にする【岡山県外】
  2. 岡山エクスプレス津山号が期間延長に【岡山市⇔津山市】

スポンサーリンク

おすすめ記事

岡山歴史のまちしるべ「吉行淳之介」【岡山市北区平和町】

岡山歴史のまちしるべ「吉行淳之介」です。岡山市の旧桶屋町に生まれました。吉行淳之介さんは戦後を代表する作家の一人で、芥川賞を受賞しています。

にんにく入れますか?スパゲッツダンディ【岡山ラーメンストリート】

岡山(下石井)ラーメンストリートに新たにオープンしたスパゲッツダンディ。ラーメンではないけどガッツリ食べれるお店。

白桃和風パフェを食べてきた【岡山市北区本町】岡山珈琲館クラブラティエ

フルーツパフェの街おかやまの参加店舗のひとつ、岡山珈琲館クラブラティエで白桃和風パフェを食べてきました。

スポンサーリンク

運営者情報

ojmomotaro おかやまじゃーなる!は枚方ツーしん様から始まる「つーしん」系メディアを目指しています。岡山市の地元情報を配信してきます。 ⇒詳しいプロフィールこちら
PAGE TOP